ゴムフェラ

これまでずっとゴムフェラだったマダムが「生でしようか?」と提案してきた。
マダムは僕より二回り年上の妙齢の女性であり、僕の職場の上司である。熟女特有の艶気とその撫でやかな立ち居振る舞いから、僕が入社した頃から、既に「マダム」と異名されていた。
僕は入社初年度からマダムがいる部署に配属されて、同期が誰もいなかったことから教育係となったマダムから手取り足取りで仕事を教えてもらった。酔っぱらうと、開放的になる性格らしく「手取り足取りチンコ取り~」とかふざけて、まだ童貞だった僕のチンコをいじって遊ぶようなヘンタイでもあった。僕はマダムの上気した姿にどぎまぎしつつも「や、やめてください」と口では言うものの、その実、マダムに見つめられただけで勃起するようにさえなっていた。
こうして、僕とマダムはそれこそ5年間、ある時は忠実な部下、ある時は頼れる同僚、ある時は楽しい飲み友達、そしてある時はセックスフレンドのお姉さんとして、常に僕と一緒にいた。
フェラ友
5年目くらいの時に、本気になった僕がマダムにプロポーズしたことがある。だが、マダムは「それはだーめ」と、常に僕のチンコにかぶせられていたゴムが外されることは一度もなかった。最後まで、僕はマダムにとっては若いツバメだったのである
やがて、マダムは親の紹介で出会ったと言うある資産家に見初められて結婚することになった。結婚に踏み切るにはぎりぎりの年齢だったと思う。僕とマダムは所詮ゴムフェラまでの関係だった。マダムの幸せは僕と言う存在ではなかったのだ。
「わたし、お嫁さんになることになっちゃった。だから、今日で最後ね」
と、マダムが嫁に行く日、僕は初めてマダムに生でやらせてもらった。いわゆる手切れ金代わりにマダムはゴムを外してくれたのだと思う。最初で最後のマダムの生フェラは生温かくて気持ちが良かった。ただ、お嫁さんになるマダムとのセックスはこれが最後だと思うと、僕は腰を振りながら泣いた。そんな僕をマダムは濡れた股間で受け止めてくれながら、優しく抱いてくれた。
下着売ります掲示板
援交サイト